instagram X

映画『すうぷ』 2024年全国公開予定

映画『すうぷ』に登場する杉内久三を演じる陣内孝則
映画『すうぷ』に登場する豚骨ラーメン
映画『すうぷ』に登場する古賀博文を演じる髙橋佳成

映画『すうぷ』 豚骨ラーメン それは失敗から生まれた

2024年全国公開予定

映画『すうぷ』
2024年2月12日(祝月)
公開記念イベント

会場:福岡県 久留米シティプラザ久留米座

〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8-1
https://kurumecityplaza.jp/pages/
facilities/kurume_za

公開イベントゲスト:
陣内孝則、髙橋佳成、豊永阿紀(HKT48)、向野章太郎、松隈ケンタ、山口寛明(敬称略・順不同)

映画『すうぷ』
2/23(祝・金)〜
公開スタート

会場:福岡県 中洲大洋映画館 
※初日のみ舞台挨拶有り

〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲4丁目6−18 大洋映画劇場 1F
https://www.nakasu-taiyo.co.jp/

登壇者:
髙橋佳成、豊永阿紀(HKT48)、向野章太郎、万丈、福沢究、青木美沙都、監督 山口寛明

2/23(祝・金) 19:15〜上映スタート 
20:01〜トークショー(20分)
チケット ¥1,500

映画『すうぷ』九州上映決定!!!

会場:大分県 別府ブルーバード

3月2日(土)19:15より上映 上映後舞台挨拶
http://www.beppu-bluebird.info/

登壇者:
主演 髙橋佳成、向野章太郎、青木美沙都、福澤究、田島潤、監督 山口寛明

会場:大分県 日田リベルテ

3月9日(土)17:00より上映 上映後トークショー
http://liberte.main.jp/

登壇者:
主演 髙橋佳成、監督 山口寛明

会場:宮崎県 セントラルシネマ

4月5日(金)より上映
4月6日(土)13:00上映 14:00舞台挨拶(上映後舞台挨拶)
https://www.mcc-9.jp/miyazaki/

登壇者:
髙橋佳成、福沢究、田島潤、監督 山口寛明

会場:長崎県 佐世保シネマボックス大洋

5月10日(金)より上映
5月11日(土)14:00舞台挨拶
https://www.cinema-taiyo.co.jp/guide/index.php

登壇者:
髙橋佳成、福沢究、田島潤、監督 山口寛明

※チケット情報や細かい詳細などは随時更新いたします。

注意:クラウドファンディングのチケットの使用に関して
インターネットでの席のご予約ができない為、劇場に直接お越しいただきチケットの交換をしていただく必要がございます。
※席が埋まってしまった場合は別日でのご使用になりますのでご了承くださいませ。

動画

movie

‐『すうぷ』× 河原秀登 ドキュメンタリー

‐予告①

‐making予告

あらすじ

story

時は昭和。とんこつラーメンのスープがまだ透明な頃。

小企業のハヤマ万年筆に勤める博文はあるラーメン屋台の常連。
屋台の店主は喧嘩っ早く、不味いと言う客といつも殴り合っている。

ある日博文はボールペンを売ろうと上司に提案し、まず2,000本売ってみろと言われる。
しかし誤発注で20,000本が届いてしまい、売り切らなければクビと言われる。

時は同じく、ラーメン店主の久三は借金取りに「今月までに返済しなければ屋台をもらう」と告げられる。
その日の夜博文が屋台に行くと、店に暖簾が掛かっていなかった。

スープの仕込みに失敗して店は開けられないと言う久三に博文は怒りをぶつけ、2人は初めて喧嘩する。
そして博文は白濁としたスープを飲んだ・・・・・

相関図

diagram

映画『すうぷ』登場人物の相関図

監督

director

映画『すうぷ』 監督 山口 寛明

監督山口 寛明

福岡を中心に全国や海外で映像製作を手掛ける福岡市出身の26歳。
シネマカメラ、FPVドローン、360°、3DCGなど様々な技法を持つ。チームを設立し各地のクリエイターと共に映像制作をしている。2024年2月公開予定映画『すうぷ』監督

comment

「何事も無駄な失敗はない」と私は思っています。

失敗と向き合い、諦めずに次の成功に繋がるように考えるといつか必ず成功に繋がると信じています。

人は必ず失敗する時がある。だからこそ成長する。だからこそ失敗を乗り越えた先の景色を見ることが楽しくもあり、生きがいになるのではないでしょうか。私はこの映画『すうぷ』が初監督作品です。

もちろん不安は凄くありましたが、失敗を恐れずむしろ不安さえも楽しんで制作することができたと思います。そんな想いを映画に込めて、見てくださった方が少しでも前に進めるように。上を向けられるように。そして豚骨ラーメンが食べたくなるように。

映画『すうぷ』どうぞよろしくお願いいたします。